« 効率化って、切り詰められるのは・・・ | トップページ | 主義は共有できないでしょう »

2008年2月20日 (水)

医療崩壊防止へ超党派議員連盟

医療関連ニュース。

>救急患者のたらい回しの急増や産科・小児科医不足など、医療サービスの低下に対処するため、超党派の国会議員111人が12日、「医療現場の危機打開と再建を目指す議員連盟」を結成した。

 設立総会では、会長に自民党の尾辻参院議員会長、会長代理に民主党の仙谷由人・元政調会長を選出。地域医療に従事する医師の確保や、病院勤務医の負担軽減などを含め、医療現場の改善に幅広く取り組むことを決めた。

 患者のたらい回し防止に向け、空きベッド情報を迅速に提供するシステムづくりのための法整備などが検討課題になると見られる。

(2008年2月13日  読売新聞)
どれほど専門家がいるのか知らないが、まあ、お手並み拝見というところか?診療報酬改定では自民党は医師会の圧力に負けたが、理学療法士協会など、勤務医への手当てが焼け石に水と言われるなかで、その焼け石からの蒸気のようなものです。

« 効率化って、切り詰められるのは・・・ | トップページ | 主義は共有できないでしょう »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169221/10639530

この記事へのトラックバック一覧です: 医療崩壊防止へ超党派議員連盟:

« 効率化って、切り詰められるのは・・・ | トップページ | 主義は共有できないでしょう »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30