« たばこ税も引き上げないとね | トップページ | 医療崩壊防止へ超党派議員連盟 »

2008年2月14日 (木)

効率化って、切り詰められるのは・・・

平成20年度診療報酬改定のゆくえについてはニュースを紹介してきましたが、やはり、医師のところで引き上げられた診療報酬は、「効率化」の名の下でどこかにしわよせされるので、今日、自分が対象にされていることを知りました。

リハビリテーションは、例えば、運動器Ⅰの1単位(20分)180点(1800円)だったのが、170点に切り下げられるのです。どこが効率が悪かったのでしょうかね。一日18単位くらいしか働けないわけだから、一日1800円の報酬減。それは、いずれ給与にはね返るわけで、リハビリテーションの未来は暗いね。まあ、リハビリテーションを本格的に担っていくべき介護保険の分野で財源がほとんど保障されていない現状だから仕方ないですね。

去り行く、高齢者には手厚いリハビリテーションがあったとしても、それは高齢者よりも収入が少なかったりするリハビリテーション職員だったりするわけです。まったく、この国は、高齢社会だから、高齢者の負担を増やすなんて言ったら世論が許さないわけで、これじゃ、「後期高齢者は死ねというのか」なんて一部で言われていますが、「若者に死ねというのか」ということだったりするわけです。

まあ、こんな負け組み職種にこないようにステイタスをあげる努力をするしかないですね。

« たばこ税も引き上げないとね | トップページ | 医療崩壊防止へ超党派議員連盟 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169221/10505122

この記事へのトラックバック一覧です: 効率化って、切り詰められるのは・・・:

« たばこ税も引き上げないとね | トップページ | 医療崩壊防止へ超党派議員連盟 »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30