« 日本には職業が足りない。 | トップページ | 麻生太郎を応援したくなる »

2009年1月27日 (火)

「悩む力」書評

「悩む力」という新書版の本を読んだ。

結論はこうだ「人生に意味はない。けれども、誰かとつながっているように努力せよ」

何が言いたいのか不明。

私は彼の意見井は反対である。人生には、意味がある、すべての生物に生きる意味はある。種の保存だ。私は、人類が善か悪か、まだ不明だが、人類が生きることに意味があると思う。やがては滅亡するとしても。

貧困層にとって、生きることは辛い。だから、こういうタイトルの本が売れるのだろう。中身はからっぽ。言いたいことの整理も出来ずに、しかし、日本の識字率は先進諸国の中でも高いほうだ。こんな本もあるけど、たまにはいい本にめぐりあって気持ちが楽になることもあるのだ。

私は、主張する人生に意味はあるのだと。

« 日本には職業が足りない。 | トップページ | 麻生太郎を応援したくなる »

新書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「悩む力」書評:

« 日本には職業が足りない。 | トップページ | 麻生太郎を応援したくなる »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30