« 「悩む力」書評 | トップページ | 日の丸と赤旗って似てる。 »

2009年2月15日 (日)

麻生太郎を応援したくなる

麻生首相が、郵政民営化プロセスの見直しについて言及して、なんだか国会周辺はさわがしいようだが、そもそも郵便事業株式会社と郵便局株式会社は、いつまでも全株式を政府が保有することになっている。これが、民営化だといえるのか?

私は、むしろこれを機会に民営化が間違っていたことに国民のみなさんが気づいてくれたらと思う。「信書」は、郵便局でなければ送ることはできない。ヤマト運輸が健闘しているが、信書や書留をまかせられないのなら、郵便局株式会社と郵便事業株式会社は、独占企業だ。いや、先に述べたように企業ですらない。政府の出先機関とでも言うべきか。

小泉純一郎のやり方は、労働者同士を競わせて最下級や下級階層が、中流・高級労働者を怨ませるというものである。これにダマされた人は多い。国民はお互い手をつながないと、この国の将来はない。現在の規制緩和の自由主義では、労働者の身がもたない。

自由経済が基本、これは変わらない。しかし、そこに課税方式や法律による介入で誰もが人間らしく生きる福祉社会をつくることは不可能ではない。

今こそ、派遣と正職員、日本人労働者と外国人労働者が手を結んで立ち上がることが求められていると思うのだが・・・。

« 「悩む力」書評 | トップページ | 日の丸と赤旗って似てる。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻生太郎を応援したくなる:

» 吉野家の年収 [吉野家の年収]
吉野家の年収 [続きを読む]

« 「悩む力」書評 | トップページ | 日の丸と赤旗って似てる。 »

最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30